三軒茶屋のカフェ
忙しない東京生活の中に時間を忘れさせてくれるレトロな雰囲気のカフェボッサのブログ
プロフィール

三軒茶屋のカフェ Cafebossa

Author:三軒茶屋のカフェ Cafebossa
三軒茶屋南口駅前にある癒しの空間カフェボッサ。
公式サイト: www.cafebossa.jp



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画情報
今後、blogに関しては毎日更新(これは基本的にいらして頂いたお客様情報)とは別枠で、音楽・本・映画・旅行・訪れた街や場所等の情報交換の場としても活用していこうかなと思います。blogを読んでますとおっしゃって頂く方は多いのですが、コメントをして頂ける方はイマイチなんでどうかなぁと思いますが・・。知識・経験・失敗・感想・オススメ情報等を皆さんで共有出来ればと思います。

という訳で、過去に書いてきた事でもありますが僕の映画情報です。この映画は、ビデオ屋さんに沢山列んでいたので多くの方がご覧になっているのではないでしょうか?

「最高の人生の見つけ方」

ジャック・ニコルソン/モーガン・フリーマン主演

僕が、この映画を選んだ理由は監督が『スタンド・バイ・ミー』を指揮したロブ・ライナーだからです。しかも、主演がこの二人。外す訳ないやろ~と思ったのですが正直イマイチかな。って言ってもあまりこだわりがある訳ではありませんが・・。

「命」という1番リアルなテーマにあの非現実感はちょっとな~。ハリウッドスターであるジャック・ニコルソンの生活そのまんまなんじゃない?位の感じです。設定に無理が有りすぎ。期待していただけに、映画だからとは納得出来ず終~了。

「告知」という形で自分の人生のタイムリミットを知らされた時に、人はどれだけ自分らしさを失わず生きる事が出来るのでしょうかという問い掛けは、自分の母親がそうだった時によく考えました。自ら命を絶つのでなく、病によって命を失う場合、死ぬ日を自分で決める訳にはいかず、ただ待つしかありません。恐らく想像を絶する恐怖と戦う事になるんでしょう。でも、これは僕の様に死ぬ準備や覚悟が出来ていなく、まだたいした事を出来ていない人間の気持ちなのかな。

この映画の主人公も医師から寿命の告知をされ、絶望し、そして克服して、最後ぎりぎり迄目一杯自分の人生を生き抜こうと決意します。

そして、自分達がやりたい事をありったけリストアップしていき、一個づつ達成していきます。しかし、実際の自分に当て嵌めた時に、その様な状況下でどれだけの事が成し遂げられるのでしょうか?多分せいぜい1番したい事を一つだけピックアップして、何とかそれが出来れば良かったなぁと思える位なんじゃないかなぁ。

映画を制作したロブ・ライナーも、だからこそ生きている内に「今」そのリストを完成させ、一つづつ実現していきましょうと言いたいのでしょうね。僕もとりあえずやってみましょう。

1セクシィな女の人と・・2可愛い女の人と・・・
3カッコイイ男の人と・・
[追記]

スタンドバイミーのリバーフェニックスは僕の中で大好きな俳優の一人です。って言っても23歳で亡くなった彼の出演映画は数える程しかなく、僕の知っている作品といえば「スタンドバイミー」と「インディージョーンズ/最後の聖戦」位ですけど。

僕にとってカリスマである人達「ボブ・マーレ」「ジョン・レノン」「母親」は皆早く天国に行ってしまいます。暗い、そしてマザコンぽい・・。

映画って本当にいいもんですね。それでは・・・サヨナラ・サヨ~ナラ・サヨウナラ~!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

いざ自分がってなると、確かに何をしたいのか分からなくなりそうです。でも、そうなったからこそ生きるってことが大切なんだって気づくのかもしれないですね。

M本のオススメ映画は
観てたら申し訳ないです
『ヴェニスの商人』
私は、最後のシーンのアルパチーノが好きです。
悲しみや後悔が彼の纏ってる空気から溢れていて観てる側にも伝わってきます。さすがだなと思いました。
これは、感動ですよ(笑)
時間があったら是非とも
観てみて下さいねーw
では(・∀・)ノシ
【2008/12/22 18:18】 URL | M本 #- [ 編集]

M本さん
「ベニスの商人」か~、昔見た記憶がありますが、もう一度見てみます。

確かシェイクスピアの戯曲ですよね。ユダヤの金貸しの話しだったっけ。

アルパチーノは素敵な俳優ですね。いかにもイタリアンというあの濃さでどの映画に重みを出してくれます。

再度見たらコメント入れます。ありがとうございます。
【2008/12/24 10:09】 URL | スタッフ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cafebossa.blog28.fc2.com/tb.php/453-576038ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。